Monthly Archives: 6月 2017

【会場変更のお知らせ】

Category : facebook

【会場変更のお知らせ】
リカバリーカレッジたちかわ 事務局の佐々木です。
 
6月も本日で終わり、明日から7月。今年も折り返しですね。春期講座も残すところあと少しになってきました。
 
そして、明日の7月1日午後実施致します講座「マインドフルネス」ですが会場変更をして実施することといたしました。場所は立川駅のひとつ隣、国立駅からすぐのスタジオです。尚、マインドフルネスの講座は現時点で満席となっております。
 
変更は以下の通りです。
————————————————————————
【変更前の会場】リカバリーカレッジたちかわ
【変更後の会場】国立音楽大学A・Iスタジオ
        (JR国立駅南口より徒歩3分)
※アクセス詳細はこちらのページから→http://www.miyajimusic.com/school/rental/kunitachi_ai/
————————————————————————-
※場所がわからず、一人で会場に行くのが不安・・・という方はリカバリーカレッジたちかわの事務局スタッフと一緒に行きましょう。 その際は以下の時間に集合していただけますと幸いです。
———————————————————
●集合時間:12:45
●集合場所:リカバリーカレッジたちかわ
———————————————————-
ご不明点などございましたら事務局までお問い合わせください。 以上どうぞよろしくお願い致します。
 
リカバリーカレッジたちかわ 事務局
【電話】042-525-7579
【メール】tachikawa@recoverycollege.jp


【サポートあれこれ⑧ヘルパー編】

Category : facebook

【サポートあれこれ⑧ヘルパー編】

皆さんこんばんは。リカバリーカレッジたちかわ事務局の山本です。

1日経ってしまいましたが、昨日の夜のリカバリーカレッジたちかわは、「制度や資源を知ることで生きやすくなる」をモットーに、毎回その道のプロフェッショナルをお招きしてお話を伺う講座「サポートあれこれ」でした。

今回のテーマはヘルパー。お隣の国立市を中心に精神障害の方に特化したヘルパー事業所を展開されている一般社団法人たまぷらねっとさんより、事業所の古旗さん、ヘルパーをご利用中の久慈さん、その久慈さんのお宅に入られている富田さんのお三方をお招きして、ヘルパーという身近なようであまり知られていない事業に迫りました。

山本は事前にたまぷらねっとさんにお伺いし、お三方と打ち合わせをさせていただいていたのですが、その時から「これは面白い回になる」と確信できるほど、たまぷらねっとさんの活動やお三方の関係性が魅力的でした。その予感が確信に変わる講座となりました。

会場の学生さんから知りたいことを募り、そこにお三方がそれぞれの立場からお答えしていくスタイルで進行したのですが、ヘルパーの資格試験のことから普段仕事している時の気苦労ややりがい、訪問看護との違いなどなど、とても興味深い質問が並び、カレッジの学生さんの関心の深さが伺えました。

「ヘルパーさんを使っていた方が自力でできるようになり、卒業した人はいるの?」という質問には、お越しいただいていた久慈さんがまさにロールモデルで、最初は同行がないと通院にも行かれなかったそうですが、今ではお一人で病院に行かれているとのこと。緊張されながら訥々と語って下さるその姿に、これまでやってきたことに対する自信のようなものが感じられました。

個人的には「ヘルパーだけの時にはエアコンを付けなかった方が、同じタイミングで訪問看護の方が来たら、そこからエアコンを付けられた…」という富田さんのお話がツボ。ヘルパー事業所にはクレームが多くて胃が痛い日々と語る古旗さんのお話からも、ヒエラルキーが生じやすい精神保健医療の中で、ご利用されている方がちゃんとユーザーとして主張しやすい?ヘルパーという制度の水平感は、どんなところから来ているのかと考えさせられました。

それってリカバリーカレッジに通じるところがあるのかも知れませんね。

ヘルパー事業所以外にも面白そうな協働の取り組みを自然体で行われているたまぷらねっとさん。ぜひ今後もコラボさせていただきたい素敵な団体さんでした。

古旗さん、久慈さん、富田さん、遅くまでありがとうございました!

【事務局 山本俊爾】


【岡山にてポストカード配布させて頂きました☆】

Category : facebook

【岡山にてポストカード配布させて頂きました☆】
おはようございます。
リカバリーカレッジたちかわ 事務局の佐々木です。
岡山より帰ってきました☆ 岡山いい土地だったなぁ(^-^)

さて、先日の岡山での研修会ですが 沢山の美味しい出展があり楽しい時間にひと役かっていました(^-^) 美味しいコーヒー、お菓子、タピオカミルクティーにパン、ケーキ、クッキー、、、他にも沢山。

そしてリカバリーカレッジたちかわからは、どうぞご自由にお持ちくださいという形でポストカードを無料配布させて頂きました。全部で150枚くらい持って行ったと思うのですが全て無くなり、お手にとって下さった方 ありがとうございました(^-^)

写真の方は、視察に行った時にとってきたイギリスの写真です。ロンドン駅構内や海の向こうはフランスだったり、少しでも雰囲気が伝わったら嬉しいなと思ってご用意してみました。

また今後もリカバリーカレッジの視察報告が年内は続くので、関心ある方はどこかでお会い出来ますように。立川へも是非来てくださいね(^-^)


【本日は岡山にて講演会☆】

Category : facebook

【本日は岡山にて講演会☆】
リカバリーカレッジたちかわ 事務局の佐々木です。

本日は日本財団さんの助成&認定NPO法人コンボさん主催のもと、「アウトリーチとピアサポートを考える」ということで佐々木から英国 リカバリーカレッジの取り組みについて1時間ほどの話題提供をさせて頂きました。

その他、今日は英国だけではなく、以下の内容にてNZと米国の話もあり、3カ国の現状の取り組み、視察報告がありとても内容の濃い充実した時間でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・「ニュージーランドのアウトリーチと当事者活動」について
鳥取医療センターの植田俊幸先生から
・「米国 マディソンモデルから考えるアウトリーチとピアサポート」について
佐賀ACTplusの谷口先生&コンボの久永さんから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回150名程の参加があり、関東や、大阪、滋賀、名古屋、兵庫、島根、高知、広島、京都・・・他にも沢山、広く足をお運び頂きました。話題提供後には沢山のお声掛けを頂き、リカバリーカレッジの取り組みについて強く関心を持っていただけたようでご質問も沢山頂きました。本日は事務局長の山本も来ていたので個別でもう少し紹介をさせて頂いたり、見学に来たいという方もとても沢山おられて、ありがたい限りです。

植田先生のお話もとても軽快でNZの取り組みもとても洗練されている印象を受けましたし、マディソンのお話もユーモアを交えながら楽しく拝聴致しました。後半、ミニシンポジウム的な形で質疑にお答えしたりとフロアからの意見もとても活発。本当に楽しく充実した時間でした。

リカバリーカレッジに関しては「Co−Production」の概念を少しでもお伝え出来たかなと思っています。また各国の取り組みすごいなぁとか、進んでいるなぁとかついつい思ってしまうのですが最後に植田先生がおっしゃていた「諸外国のいいところばかり見えてしまうだろうし、それに比べて日本の精神科医療は。。。とついなってしまうけれども、日本の取り組みでも素敵な部分もあるのでもっと自分達の取り組みも頑張っている部分は胸を張って良いのでは」という一言にハッとなったりもしました。

まだまだの部分もあるけれど、胸を張れるような実践をこれからもしていきたいと思った時間でした。

リカバリーカレッジの取り組みについて関心あられる方は、東京に来られた際は是非、立川にもお立ち寄りくださいね(^-^) みなさんと一緒に新しい文化を作っていけたら嬉しく思います。

今回、岡山でご準備くださった皆様も1日、本当にありがとうございました(^-^) 楽しく、美味しく、愉快に学んだ1日でした☆


【パステルシャインアート☆】

Category : facebook

【パステルシャインアート☆】
こんにちは!リカバリーカレッジたちかわ事務局の小川です。

昨日は、午前中の「リカバリーストーリーにふれる」に引き続き、午後は、おなじみ田畑 智恵 (Tomoe Tabata)先生をお招きしての「パステルシャインアート」でした。

昨日のテーマは「あじさいの絵を描こう」。
参加された学生さん皆さんで自己紹介をした後、前半はいつもの通り「◯の絵」でウォーミングアップです。
田畑先生によると、◯は「角のとれた人のこころ」を表すそう。
ご参加された学生の皆さん、それぞれの◯もいろいろなかたち、色をしていました。その日の気分、体調によっても、また少し◯のかたちや色が違ってくるのかもしれませんね。

さていよいよ後半に、あじさいを描いていきます。
あじさいの花弁、かたつむり、かさなどが切り取られた型を使い、思い思いの色で、自由に配置を考えて描いていきます。
本物そっくりのあじさいを描かれた方、実際ではあり得ないような色で鮮やかに描かれた方、ひとつのモチーフに何色も使って幻想的に仕上げた方、こちらも本当に人それぞれの絵になりました。

「パステルシャインアートの講座は初めて」という学生さんも半分近くいらっしゃいましたが、おしゃべりをしながらリラックスして取り組んでおられ、出来上がりには満足されていたご様子でした。

今回は小松学長も参加。「みんながやっているのが、どんな講座かなと思って体験したかったから」とのこと。
今後もちょくちょく、いろいろな講座にお邪魔させていただくかもしれませんので、そのときはよろしくお願い致します☆