Monthly Archives: 1月 2018

facebookページの運用に関して

Category : facebook

facebookページの運用に関して


【リカバリーカレッジたちかわfacebookページの運用に関して】

Category : facebook

【リカバリーカレッジたちかわfacebookページの運用に関して】
 
日頃よりリカバリーカレッジたちかわの活動にご理解ご協力いただき大変感謝しております。
 
ご存知の方も多いかと思いますが、ここ数日このリカバリーカレッジたちかわのfacebookページのコメント欄にて様々なやり取りが行われ、中には他者への誹謗中傷と感じられるコメントも見受けられました。
 
これまでこのfacebookページ運用に関しては特にガイドラインなどを定めず、皆さまと交流してきた経緯があります。今回、このようなことがリカバリーカレッジたちかわのページで起こったことに関しては、とても残念に感じているところです。
 
今後はリカバリーカレッジたちかわ運営委員会ならびにParquetグループといたしましても、SNSを使った発信についてもしっかりと検討していかなければと考えております。それまで暫定的にではありますが、以下のようにこのページを運用させていただきますことをお伝えし、運用についてのご理解をお願いしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。
 
 
<リカバリーカレッジたちかわのfacebookページ>
 
①リカバリーカレッジたちかわのfacebookは、基本的にこちらの活動をお伝えする発信ツールとして活用しています。SNSはルールやマナーが適切に守られれば、とても有効な発信・交流手段だと考えています。
 
②コメント欄はこれまでカレッジに対してのフィードバックや学生さん同士の交流のできる場として活用させていただいてきています。※facebookの設定としてコメント欄そのものを非表示にすることはできないようです。
 
③学生の皆さま、リカバリーカレッジたちかわを応援して下さる方々につきましては、その趣旨をご理解いただき、コメントして頂ければと思います。万が一、運営側が不適切だと感じられたコメントがあった場合には、個別に非表示にさせていただく処置をとらせていただきます。ご了承ください。
 
④またリカバリーカレッジたちかわのお写真の掲載に関しましても、事務局としましては参加されている学生さんに許可(ネームプレートで識別)を頂いた上で掲載しております。学生さんが校内で撮られたお写真に関しても、この識別を守った上で、原則許可なくアップをしないようお願いいたします。
 
 
最後になりますが、カレッジの理念としても、様々な方が互いに尊重しあえる地域社会となることを願っています。そのためにもSNSでの発信も含めて、リカバリーカレッジの在り方に関しても試行錯誤していきます。
 
まだまだ至らないところの多いリカバリーカレッジたちかわですが、今後ともご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
 
【リカバリーカレッジたちかわ 事務局長 山本俊爾】


【リカバリーカレッジ講演会終了しました】

Category : facebook

【リカバリーカレッジ講演会終了しました】
リカバリーカレッジたちかわ 事務局の佐々木です。

昨日は福岡の久留米にてリカバリーカレッジ講演会をおこない、久留米大学の学生さんも含めて沢山の方にお越し頂きました。

中には立川にも遊びに来てくださった方とも複数お会い出来たり、フロアからのご意見ご質問も沢山頂き実りある時間だったなと思います。

九州でもカレッジに関心を持たれる方が少しずつ増えているように感じ嬉しい時間でした。来てくださった皆様ありがとうございました。


【slow WRAP①】

Category : facebook

【slow WRAP①】

続けて失礼いたします。
リカバリーカレッジたちかわ 事務局の石井です。

リカバリー入門①に続き、本日の午後はSlow WRAP①をおこないました。
ファシリテーターは池田真砂子さんです。

いけださんのWRAPクラスは、参加されているみなさんと適度な距離感・温度感で生活の工夫をわかちあえる居心地の良さを感じながらお互いに尊重しあうことができて心地よいです。

今日は初めてWRAPに触れるという学生さんも多めでしたが、すうーーっとお互いが染み込みあうように、お互いに対して想いを馳せ大切にしあえていたように思います。

今日取り上げたトピックは、クライシスプランとポストクライシスプラン(クライシス後のプラン)です。

「クライシスのときのサポーターって誰にお願いしようか?」
「クライシスでも自分でやりたいことがある」
「クライシスだなぁ、と思っても放っておいてほしい」
「すべてのサポートのお願いをひとりにするのは難しい」
などなど、クライシス(危機的状況・自分のことを自分で取り扱えないとき)にまつわるいろんな考えが挙がりました。

自分を自分でなんとかできないときのために、元気なときに備えをつくるクライシスプラン。
そこに望むことは本当に個性が現れると思います。
自分が元気なときに、クライシスのときを想像するのは苦しいときもありますが、備えておく作業を楽しみながらまた考えていきたいなーとあらためて思いました。

【事務局 石井まい子】


【リカバリー入門①】

Category : facebook

【リカバリー入門①】
みなさんこんばんは。
リカバリーカレッジたちかわ 事務局の石井です。
今日は晴れやかで気持ちの良い空のたちかわです。
午前中に、リカバリー入門①を おこないました。
講師は塩田由美子さん(ゆみちゃん)、真嶋信二さん(まじまじ)、渡邉碧さん(みどりん)のお三方です。

リカバリーという言葉は、聞き慣れてきているし、また言い慣れてきているように思います。
その中で投げ掛けられた「リカバリーってなんだ?」という問い。
様々なリカバリーの定義のお話を学ぶことから講座がはじまりました。

講師のまじまじ、ゆみちゃんのリカバリーの体験談も聴かせていただきました。
リアルで生々しくて、胸がぎゅーっとなるようなお二人のリカバリーのお話。
きっとお二人だけでなく、ここにいるみなさんにもそんなリカバリーの経験があるはず。

しばし考える時間のあと、みなさんでご自身のリカバリーをグループに別れて聴きあうワークの時間に入りました。

私もグループに加わらせていただいたのですが、リカバリーのお話にとても惹き付けられると同時にいろんな想いが交錯し、こみ上げてくるものがありました。
リカバリーというと明るいことや希望を感じることを思い浮かべがちですが、その過程にある葛藤や悩み、苦しさ、そして勇気や意思の力強さなど様々な想いの軌跡を感じました。

とても有意義で、他では感じられない貴重な体験をさせていただきました。
まじまじ、ゆみちゃん、みどりん、学生のみなさん、大切な言葉や想いを分けていただいてありがとうございました。

【事務局 石井まい子】