Monthly Archives: 5月 2018

WRAP(元気回復行動プラン)

Category : facebook

WRAP(元気回復行動プラン)

中央線のトラブルも何とか回復した午後はWRAPクラスでした。今期よりファシリテーターは「まいまい」こと石井まい子さんにバトンタッチ。講師本人も参加者もちょっと緊張の中でのスタートとなりました。

今日は初回ということもあって、チェックイン〜WRAPの解説〜安心のための同意づくりと進みました。しだいに緊張もほどけ、場は和やかで温かい雰囲気に。参加者の皆さんの個性と、まいまいさんのお人柄の相乗効果のように見えました。

休憩をはさんで後半は暖まった雰囲気そのままに、「希望」についてイメージや希望を感じる時をシェアしました。

ついさっき出会ったばかりの人たちが、こうしてカレッジという場で出会い、ご自身の内面を響かせ合う…。とても素敵な瞬間です。病気のことが語られても、ある意味それは背景の一つのような感じで、人と人が尊重し合う場が自然にできていたことが、カレッジすごいなぁ、WRAPすごいなぁ、学生の皆さんすごいなぁと感じさせられた山本でした。

残念ながらすでに満席のこの講座。ファシリテーターさんに「もう少し受け入れ人数増やして〜」との声を届けられたら、席が増えるとか増えないとか(笑)。ぜひ次回以降もお楽しみに!

【事務局 山本俊爾】


リカバリー入門(1)

Category : facebook

リカバリー入門(1)

この日は残念なことに中央線が事故で止まってしまい、運転再開見込みも講座終了間際ということで、参加者4名でスタートしました。途中バスとモノレールで迂回され、たどり着かれる方もいらっしゃいましたが、多くの方がキャンセルとなってしまいました。残念でした。。。
※ご参加予定だった方で、本日の資料が欲しいなーという方は、お気軽に事務局までお伝え下さい。

今期も講師は入門チームの皆さん。本日はまじまじ、りょーさん、みどりんのお三方が担当して下さいました。第1回目ということで、前半は「リカバリー」という概念に関して、様々な人が語っている「リカバリーとは」を紐解いたり、講師の皆さんそれぞれのパーソナルリカバリーを通じて、リカバリーについて理解を深めて行きました。

中盤から後半はグループワーク。講師の方も混ざっての小グループで、それぞれの方のリカバリーのイメージや、自分にとってのリカバリーの鍵を紹介しあいました。

リカバリーって言葉で表されるものは奥が深く、そしてそれぞれの人の生活に根ざしたもので、自分には「人生そのもの」のように感じられました。

次回は6月。「あなたにとってのリカバリーの種」を持ち寄ることになっています。リカバリーという概念を通じてどんな人生に出会えるのかとても楽しみです。
※ご参加される方は、ぜひご自身の「元気の種」をご持参ください!

【事務局 山本俊爾】


【春期講座、始まりました!】

Category : facebook

【春期講座、始まりました!】

いよいよ今期の講座がスタート!今日はリカバリー入門です。

しかしながら残念なことに中央線が事故のため止まってしまい、立川にたどり着けない方もたくさんいらっしゃいました。

少しでも雰囲気をお届けできればと、リカバリー入門の前半の座学の様子をお送りします。


【写真講座講師インタビュー 田原唯之さん】

Category : facebook

【写真講座講師インタビュー 田原唯之さん】
みなさん、こんにちは。
リカバリーカレッジたちかわ 事務局の石井です。

いよいよ春期講座がはじまりました。
事務局は相変わらずバタバタしていますが、また今期も豊かな学びの時間を学生のみなさんとご一緒できますこと・新たな出会いや懐かしい再会の場を持てますことを大変うれしく思いわくわくとしております。

その春期講座の中から、6月9日(土)13:30―15:30におこないます「写真講座-あなたらしい風景の創出-」の講師・田原唯之さんにインタビューをさせていただきました。
今期初の講座であります写真講座や田原さんの魅力を、みなさんにさらに深く感じていただけたらと思います。
ビビッと感じるものがあった方は是非、予約サイトCoubichttps://coubic.com/recoverycollege/337309からお申込みくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。

●田原さんがどんな方なのか、もっとよく知りたいです。
普段はどのような活動をされているのですか?
→現代美術作家として活動しています。
 オブジェクト単体を作品とするのではなく、ある空間を一つの作品とする「インスタレーション」という形式を主としています。それは美術大学で建築を学んだことに由来しており、ある空間に対して自分なりの考察・疑問・仮定などを作品を通じて模索しているようなものです。

●田原さんとカレッジとの出会いのきっかけ・いまの関係はどのようなものですか?
→兄がカレッジの運営委員として関わっていたことから、デザインやHPの作成の相談を受けたことをきっかけに関わりが始まりました。現在は、HPや各種印刷物の制作、PARQUETグループのその他事業で行う事業所の改修工事などにも幅広く関わっています。

●カレッジでの写真講座と、一般的な写真教室などの違いはどんなところにありますか?
→一般的な写真教室というものに絶対的な共通項があるとは言い切れませんが、この講座は、写真撮影の技術や知識を学ぶという場ではありません。写真撮影の中に存在している「見る・見つめる・見出す」といったことに重きを置くことで、レンズの向こうに広がる世界はもちろん、目の前に広がる世界をこれまでとは異なる角度から見つめ直す機会になればと思っています。

●この講座にこめている思い・これからこの講座で出会う方へのメッセージをお願いします。
→参加する一人一人の眼差しの数だけ風景は存在しています。あなたにしか、また、わたしにしか見えていない風景を、シャッターを切るということによって、皆で共有してみましょう。そこから風景は更に拡張していきます。
多くの素晴らしい風景に出会えることを、非常に楽しみにしています。


【きょうはオリエンテーションでした】

Category : facebook

【きょうはオリエンテーションでした】

みなさんこんばんは。
リカバリーカレッジたちかわ 事務局の石井です。

きょうは春期講座の初日で、オリエンテーションを開催しました。

前半は事務局長山本によるリカバリーカレッジ概論と講座紹介、後半はリカバリーカレッジたちかわの専門課程であるすぺぃろピアスタッフの川田はるかさんによる夢の花ワークをおこないました。

盛りだくさんの内容で、いつものことながら時間が過ぎるのが怒涛の速さでした。
前半で山本さんから語られたカレッジにこめる思いに叱咤され(以前にも聴いたことがあるエピソードたちなのですが、何度聴いても胸がドキドキとするようなエネルギーを感じます。山本さんにそう伝えたことはないけど…)
後半の夢の花ワークでは、5年後の自分になってみる」ことにより、自分の中にあった願いや望みをするすると引き出される体験をしました。
夢や目標を叶え達成したあとの自分になりきってのグループでの語りで見られた、学生さんたちのほがらかで満足げで少し緊張されてはにかんでいる笑顔がみなさんとてもステキでした。

カレッジにはじめてお越しいただく学生さん(かなり遠方からいらしてくださった方もいらっしゃいました。ありがとうございます!)と、顔馴染みの学生さんや助っ人に入っていただいていた運営委員のめもちゃん・しまさんが交流されている様子がとてもあたたかく楽しげで、今期もカレッジの開講に関われたことをうれしく感じます。

みなさん、春期講座もリカバリーカレッジたちかわをどうぞよろしくお願いいたします。

石井も学びの場をより深く味わっていただくお手伝いをしながら、たくさんの学びや気づき・発見や出会いも楽しみたいなーと思います。

リカバリーカレッジたちかわが、みなさんにとっても豊かで実り多き場所になりますように!

【事務局 石井まい子】