Monthly Archives: 9月 2018

【リカバリー入門①】

Category : facebook

【リカバリー入門①】

いよいよ本格的に秋期のカレッジが始まってきました。本日はリカバリー入門。リカバリーカレッジたちかわでも幹となる講座です。講師はおなじみりょーさん、まじまじ、みどりんさんの入門チームです。

講座開始直後に立川校舎の真向かいの交差点から大音量が!どうやらデモに反対する街宣車だったようなのですが、音が大きすぎて講座になりません。危うし、カレッジ!!

場所を変えようか、部屋の中で移動しようかなどいろいろ相談。皆で作るカレッジの醍醐味ですね。しばらく騒然としていましたが(パトカーもたくさん出ていました)、騒動が落ち着いた後は、皆さん講座の方に集中されていました。そして何だか不思議な一体感も…。ハプニングのおかげでしょうか。

ちなみに嶋田は心を落ち着かせるのにかなり時間がかかりました…。

気を取り直しての前半はリカバリーについて文献から学んだ後、講師のまじまじさん、みどりんさん、りょーさんからリカバリーのイメージを話してもらいました。まじまじさんの「川」の話、みどりんさんの「アキレス腱断裂」の話、りょーさんの「忘れ物の話」。どのお話も素敵で、リカバリーについてのイメージが湧きやすくなったと感じました。

後半はグループワークでした。まず「リカバリーのイメージ」を模造紙に書いて、参加された方が思い思いにリカバリーのイメージを語るというワーク。そして次に、「人生の転機となったこと・その時受けたサポートやその時の気持ち」についてグループで話しました。皆さんが語られる姿に、リカバリーの様々な形が想起させられて、とても素敵な時間を共有できたと感じました。

ちなみに本日はまじまじさんの息子さんもカレッジに来られて、講師は4人体制?(笑)可愛い姿に会場はとても和んでいた様子です。こういうこともカレッジっぽくて良いですよね。

小さな講師の力も借りて?リカバリーのイメージを皆さんがふくらませた1回目のリカバリー入門。2回目、3回目と回を進めるごとに、リカバリーのイメージはどのように深まっていくのでしょうか。皆さんのお話をお伺いするのが今から楽しみです♪

次回のリカバリー入門では「自分のリカバリーに役立ったもの」を持ってきていただくことになっております。ご自身がリカバリーを感じられるものをご持参ください。会場に入りきらない?ようなものでしたら、お写真に収めて持ってきてくださいませ。

どうぞよろしくお願い致します。

【事務局 嶋田剛志】


【社会資源講座〜グループホーム】

Category : facebook

【社会資源講座〜グループホーム】

昨日はリカバリーカレッジたちかわのレギュラー講座の『社会資源講座』の今期、そして今年度の第一回目でした。今年度は「住まい」を年間テーマとして、ゲストなどを交えながら制度内外の社会資源について深めていきます。コーディネーターはご存知リックスの石黒さんと私、山本が担当させていただきます。どうぞよろしくお願いします。

さて、昨夜は「住まい」のトップバッターとして、石黒さんの得意分野であるグループホームをピックアップさせていただきました。講師はリックス2年目の世話人・長廻(ながさこ)さん。カレッジには学生として来てくれたこともある若手男子です。「ど緊張してます」と関節が減ったんじゃないか?という感じなのが初々しかったですね。

講座はリックスという羽村にある一つのグループホームを紹介しながら、グループホームという制度の実際、そこに暮らす方のリアルを紐解くというものでした。一言でグループホームと言っても、アパートタイプ、共同住居タイプがあり、アパートタイプでも一棟丸ごとグループホームの場合もそうでないものもある。サービスに関してはもはや事業所ごとにすべて違う状況ということがわかり、「なんかアバウトな制度だなぁ」と感じさせられました。

ただこういうことはあまり事前に情報として入りにくいので、実際にお使い始めても、スタッフさんの言うことが「そういうものか」と感じ、なかなか比較して考えたり俯瞰して見ることは難しいと思われます。この講座は比較的ご家族の立場の方が多い印象でしたが、学生さんからもかなり活発なご意見があり、質疑応答がなされていたのも印象的でした。

次回は11月。今度は「宿泊型生活訓練」を取り上げ、青梅にある「ほたるの里」の職員さんをゲストにお招きし、その活動の実態に迫ります。

長廻さんはリカバリーカレッジたちかわの母体であるParquetグループの別部署で学生時代バイトをして下さっていた方。久しぶりに見た彼は「社会人として立派にやられてるんだなー」という感じでした。バイト時代お世話になった富美さんと記念写真!


【リカバリーカレッジ概論】

Category : facebook

【リカバリーカレッジ概論】

オリエンテーションも終わり、リカバリーカレッジたちかわ秋期講座、本日より講座スタートです。今期そして今年度のオープニングアクトは、日本におけるイギリス精神保健制度研究の第一人者、聖学院大学の助川征雄先生をお招きし、イギリスでのリカバリーカレッジの実情、日本での広まりなどについて講義をしていただきました。

およそ30名の方にお集まりいただいたこの講座。質疑応答も合わせて実に3時間、リカバリーカレッジについてのお話となりました。

助川先生は30年も前に日本の病院などでワーカーとして働かれていらっしゃった時に違和感を感じ、「もっとまともなことをやっている国はないんだろうか」と思い、クラークさん(クラーク勧告!)の知己を得て、それからイギリスに留学されたりしながら研究を深められたそうです。

その時代にそもそもちゃんと違和感を感じられた感覚の凄さに改めて感じさせられた‘助さん’のお話だったわけですが、何より印象に残ったのは様々な場面で「人間への深い関心と尊敬」が感じられたこと。カレッジはあくまでもツールですので、どう‘助さん’のようなリクペクトの姿勢を育むことができるか、それが本当の課題かもしれないな、と感じさせられた3時間でした。

‘助さん’のお話を受けて、カレッジへの理解はもちろん、私たちがどうしてこうした活動を行い協働して行かなければならないのか、それぞれの学生さんの心にいろいろな気持ち・考えが沸き起こったことと思います。質疑応答で投げかけてくださったご意見はどれも深い内容で、あまり時間が取れなかったのが悔やまれました。ぜひ他の講座でもそれらのテーマで話がしていければと感じさせられました。

これから11月の修了式まで秋の学びの旅が続きます。まだ残席のある講座もございますので、多くの皆さんのご参加をお待ちしております。

リカバリーカレッジたちかわ
山本俊爾


【要注意 開演時間に関して】

Category : facebook

【要注意 開演時間に関して】
リカバリーカレッジたちかわ事務局・山本です。
 
本日の「リカバリーカレッジ概論」の開場時間は12時半、開演時間は13時からとなっております。
 
coubic(予約サイト)のほうの記載が間違っておりましたので修正させていただきます。
 
皆さまのご来場をお待ちしております。
 
リカバリーカレッジたちかわ
山本俊爾


【本日 会場お間違えないようご注意ください】

Category : facebook

【本日 会場お間違えないようご注意ください】
本日のリカバリーカレッジたちかわ 秋期講座の講座は「リカバリーカレッジ概論」。そしていつもと会場が違いますのでお間違えのないようにご注意ください。

いつもの会場にお越しになられても開いていません。本日の講座は会場はいつものリカバリーカレッジたちかわの講座を行っている場所から徒歩1分のすぐ裏手になります。
 
もし会場をお間違えになられたとしても慌てずにいらしてください。尚、明日が今期初参加になる方は受付にて受講費のお支払いをお願いいたしますね。
 
みなさまのお越しを心よりお待ちしています。
 
【事務局 ささきりえ】