Monthly Archives: 2月 2019

【ピアミーティング 2月23日】

Category : facebook

【ピアミーティング 2月23日】
ユーモアがあり、物腰が柔らかでどんな考え方でも受け入れて下さる清野さん。
リカバリーカレッジたちかわの学生さんでもあり、講師という両方の立場でいらっしゃいます。
清野さんは講師という肩書きよりも「アシスタント」とされ、皆さんのミーティングのアシスタントをして下さいました。
リカバリーカレッジたちかわの理念である協働・ごちゃまぜ感を清野さん自身で表現して下さっています。

ピアミーティングは今回で3回目。
まずは「安心のためのガイドライン」を確認させていただいて始まります。
チェックインでは今日の午前中の様子や気持ちを語り合いました。
午後のこの講座に来るために用事を済ませていらした方、遠方よりお越しのために丸々午前中を費やされてくださった方など、皆さんそれぞれでした。

本題の「自己肯定」についてです。
自己肯定できる?できない?
そしてその理由は?
と、一見人には話し難く、本質を見られてしまうような内容でしたが、「安心のためのガイドライン」と清野さんのアシストのおかげで皆さんそれぞれのペースでお話しされました。私も含め、自己肯定ができない方が多い中、肯定し過ぎて怒られてしまうという方もいらっしゃって興味津々。
その方の考え方は単に楽観的ではなく、今までの経験からなるものでした。
そういう考え方、捉え方があるのね!と視点を変えて考えてみることができました。

それぞれのお話を伺い、自然とお互いの良い所をお伝えする時間となりました。
カレッジだからこそできる、枠組みにとらわれない、ごちゃまぜの方々との交流は素敵な時間となりました。

アシスタントをして下さった清野さん、ありがとうございました。
また来期もよろしくお願い致します。

リカバリーカレッジたちかわ(すぺぃろ)入口にパルケグループ「工房arte」で製作いたしました小松学長のコラージュが初お目見えとなりました。ご覧いただければ幸いです。

「いつも笑顔で迎え入れてくださる学長に愛を込めて」
【カレッジファンMTG 鈴木富美さん】


【リカバリー入門② 2月23日】

Category : facebook

【リカバリー入門② 2月23日】
本日のリカバリーカレッジたちかわ、午前の講座は「リカバリー入門②」を開催しました。

参加された 学生の皆さんは「リカバリーを感じる物」を持ちよっていただき、それぞれのエピソードなどを「話し」又「聞き」 分かち合われたようです。

人 それぞれに「リカバリー」の形や、考え・思いが ある。
今日、持ちよっていただいた「物」も同じ物は無い という事がよく分かる講座だったと思います。

リカバリー には、「〜であること」や「〜でなければならない」という形やルールなどは無いと 私は思っています。

皆さんそれぞれの「リカバリー」を持っていただきれば と感じられる良い時間でした。

【カレッジ事務局 五味大輔】


Parquetグループ内でステキな作品を次々と作っておられる「工房arte」の皆さんから、リカバリーカレッジたちかわ(一般課程)とすぺぃろ(専門課程)へ、ウェルカムボードのプレゼントがありました!

Category : facebook

Parquetグループ内でステキな作品を次々と作っておられる「工房arte」の皆さんから、リカバリーカレッジたちかわ(一般課程)とすぺぃろ(専門課程)へ、ウェルカムボードのプレゼントがありました!

革細工で小松学長のお顔が浮かび上がるステキなデザインに、満面の笑みの小松学長。


【2月23日(土)「リカバリー入門②」、お席に空きが有ります】

Category : facebook

【2月23日(土)「リカバリー入門②」、お席に空きが有ります】
寒暖差の激しい日が続きますが、皆さま体調を崩されていませんでしょうか?

2月23日(土)午前開催
「リカバリー入門②」 10:00~12:00
講座ですが、現在若干ではありますがお席に空きがございます。
※連続講座ですが途中から・1回から でも参加頂けます。

ご興味や お時間に余裕が有りましたら、
ぜひ予約サイトcoubicより お申込み下さい。

※「リカバリー入門②」ではご参加いただける皆様に
「あなたのリカバリーに役立ったもの」を持ち寄って頂き
お話を進めていきたいと考えております。
当日は、学生の皆さんそれぞれがご自分のリカバリーに役に立った
(役に立っている、大切だと感じている)ものをお持ち寄りください。
・持ち寄りが難しい場合は、お写真などでもかまいません。
ご協力の程、よろしくお願い致します。

2019年冬期講座では「幾つかですが、お席に余裕がある講座もございます」
皆さまの予約申し込みを、お待ちしています。
――――――――――――――――――――――――――
※冬期講座のご予約は
予約サイト「Coubic」またはお電話・FAXにて受付おこなっています。
予約サイト「coubic」
 https://coubic.com/recoverycollege/booking_pages

電話・FAX受付番号
042-849-8178
 
*カレッジ事務局対応可能日は…毎週 水、金となります
*FAXでの申し込みの際は、申込用紙がございます こちらへご記入のうえお送りください。
*出来る限りメールでのお問い合わせにご協力くださいます様お願いいたします
*こちらからのご返信にお時間がかかる場合がありますが予めご了承ください
リカバリーカレッジたちかわ事務局E-mail  tachikawa@recoverycollege.jp
――――――――――――――――――――――――――

【事務局 五味大輔】


【青梅のPSWさん達との交流】

Category : facebook

【青梅のPSWさん達との交流】

本日はリカバリーカレッジたちかわの運営委員の石黒武さんが関わっていらっしゃる青梅PSW連絡会?勉強会?(青Pという略語しか知らない…)に小松学長とお呼ばれし、30名くらいのPSWさん、OTさんの前でリカバリーカレッジのお話をさせていただきました。

専門職の方々ばかりな会で、珍しく?学長もスタート時点から緊張の面持ち。いつもの小松節が鳴りを潜め、山本も出鼻を挫かれましたが、何とか最後にはカレッジの魅力を二人でお伝えできたかと思います。ふーー

皆さんからもたくさんご質問もいただけて、最後の感想でも「自分が日頃から専門職という鎧をどれほど着こんでいるかわかった」「職員にとって素に戻れる場所があるのは大事」「最初聞いた時はハードルが高く感じていたけど、カレッジに行きたくなった!」という声も聞かれ、ホッと一安心。そして同時に皆さんの日頃からの苦労がしのばれました。病院で働くのは大変なんですよね。。。

石黒さんからも「カレッジって専門職のレスパイトになるんじゃないかなー」という話もあり、またこんな機会があると良いなぁと感じられました。ぜひ出張講座なんかもできればなーと思いました。

小松学長も途中で休憩時間を所望され、トイレに行くのかと思いきや、そのタイミングで全員に名刺を配られるマイペースぶり。配り終わるとなんとなくやりきった感が感じられました。さすがです。

今期は来週取材あり、3月に島根からのご見学ありと引き続き学長には小松節を発揮していただこうと考えています。

【事務局 山本俊爾】