すぺぃろでは外部講師をお招きして、さまざまなリカバリーに役立つ学びの機会を提供しています。

カテゴリー【リカバリー】

現在のメンタルヘルスの大きな潮流である【リカバリー】について理解を深めていくことによって、疾患や障害を抱えつつも豊かに生きることを目指します。

「リカバリーは旅(過程)であり、生き方であり、構えであり、日々の挑戦の仕方です。平坦な一本調子の直線的な旅(過程)ではありません。ときに道は不安定となり、つまずき、旅の途中で止まってしまうこともあります。けれど、気を取り直してもう一度はじめることもできるのです。この旅で必要とされるのは、障がいへの挑戦を体験することです。障がいによる制限の中、あるいはそれを超えて、健全さと意思という新しく貴重な感覚を再構築することなのです。リカバリーの旅で求めている事は、地域の中でふつうに暮らし、働き、愛し、そこで自分が重要な貢献をすることなのです」。(Deegan,1996)

 

加藤 伸輔さん
【ピアミーティング】
(かとうしんすけ) 1975年生まれ。横浜市在住。 うつ病、統合失調症という診断を経て、双極性障がいと診断されるまでに13年を要した。 その後、自身の障がいを受け入れてリカバリーの道を歩んでいる。 現在はピアサポートグループ在(ざい)(http://zai-psg.jimdo.com)の運営をはじめ、積極的にピアサポート活動に取り組む。 また自身の経験や体験に基づく講演活動なども行っている。
斉藤 剛さん
【当事者研究】
(さいとうつよし)1979 生まれ。大学卒業後、自閉症療育、知的障害、高齢者介護など多分野でワーカー勤務を経験。が、精神障がい作業所で自信喪失、バーンアウト、転職を考える。しかし、ピアサポーター・ベてるの家の当事者研究に出あうなかでピアサポーターの普及とソーシャルアクションの必要性を感じ独立。ピアサポートグループの立ち上げを経てNPO法人レジスト設立、理事長に就任。多くの障害者雇用を行いながらピアスタッフが活躍する福祉事業を運営する雇用主の立場に加え、ソーシャルワーカーを兼任。当事者研究、ピアサポーター養成、PST(支援者のメンタルヘルス)講演活動など、当事者目線の精神障害者福祉活動に従事している。
レジネス
きょう子さん
【WRAP】

(きょうこ)私の診断名は双極性感情障害です。10年の不安定な時期に10数回の入退院を繰り返してきました。最初の入院のきっかけは酷い不眠にODでした。

もともと子供の頃より不安定だった私は時々薬を飲みながら、学生時代を過ごし結婚、出産、離婚、と生活も不安定な中、今から16年?くらい前にうつ病と診断されました。

当時は地域で暮らすなど考えにくいほどでしたが、ピア・カウンセリングに出合い驚くほど状態が落ち着いてきました。

今は月1回の通院の他、週1度仕事をして、当事者としてピア活動をしています。

日中は生活訓練所に通い自分をより深く知りコミュニケーションの取り方を学び仲間も増え落ちる日もありますが、大きく崩れる事もなく生活をしています。夜は甘えん坊の2匹の猫と眠り休みの日は猫と戯れ趣味は読書に料理。

WRAP(元気回復行動プラン)と出合い良い感じの自分でいるために自分の取取扱説明書を作るのが楽しみになりました。今ではファシリテーターの資格もとって、すぺぃろでも講座のお手伝いをさせていただいています。

もんち
【WRAP】
(やまもとしゅんじ) すぺぃろ管理者。WRAPファシリテーター。WRAPネームは「もんち」。WRAPとの付き合いは古く、WRAPが日本に入りたての頃にねてるさんに立川まで来てもらい講座を行ったのが始まり。紆余曲折を経て無事にファシリテーターとなり、クラスを受け持たせてもらっている。すぺぃろの毎週木曜日はもんち節炸裂?!