カテゴリー【自己理解】

すぺぃろでは外部講師をお招きして、さまざまなリカバリーに役立つ学びの機会を提供しています。

カテゴリー【自己理解】

ライフスキルの一つである【自己認識スキル】の向上を目指し、生活の中での自分が楽に生きていける方法を見つけていくプログラムの数々です。

 

岩嶋 寿子さん
【これからのキャリアをデザインしよう】
(いわしまとしこ) キャリアアドバイザー。ファシリテーター。その人がのぞむ生き方・働き方をサポートするために活動中。気なるワードはワークライフバランス/ソーシャルビジネス/ダイバーシティ/女性/子ども/教育。2女1男の子育て中。NPO法人ホスピタリティひの会員。子ども∞幸せ円卓会議inこだいら代表。
友澤 伸拓さん
【未来をプラスに生きるお稽古】
(ともざわ のぶひろ)  有)アイシーエス代表取締役 心理カウンセラー 35歳で脱サラ、会社を設立。44歳からうつ病、アルコール依存を合併。 48歳で生きることを諦め、何度もの希死念慮にかられたその初夏、「自己開示」をきっかけに「生きたい」という強い情動が起こる。そこからアドラー心理学を学び、カウンセラーを志す。今カウンセラーとして一人一人の苦しみと向き合ううち、苦しみの因は「心のベクトル」と「自責」そして「赦すこと」と知る。
佐藤 健陽さん
【アドラー心理学】
(さとうたけはる) 秋田県出身。福島大学経済学部卒業。高校2年の頃にあがり症を発症し悪化の一途を辿る。大学時代は大学に行けなくなり、パチンコ店と家の往復の半ひきこもり状態となり6年半かけて卒業。やがてある精神科医に出会い、逃げ続けた人生から荊の道を決意し克服の道へ。麻雀店に13年勤務後、障害者の就労支援の仕事に長年携わる。現在はカウンセリングルームを立ち上げ、一般カウンセリングとあがり症克服カウンセリングを実施。アドラーカウンセラー、精神保健福祉士、社会福祉士
さとうたけはるカウンセリングオフィス
鈴木 剛さん
【自己理解ワークショップ】
(すずき つよし/つよぽん) 「幼少期は、人見知り・引っ込み思案・赤面恐怖の傾向があった」とは誰に言っても信用してくれないハナシである。 法政大学出身。大学時代前半は旅行会社添乗員として、学校でなく実社会で多くのことを実践から学ぶ。大学時代後半は英会話クラブに所属し、外国をヒッチハイクで放浪する。NY生活が価値観のパラダイムシフトを起こす。 大学卒業後、印刷・広告会社に勤めながら産業カウンセラー協会で学ぶ。会社を退職後、ニュージーランドにワーキングホリデーに渡航し、非行少年の共同宿泊施設とヒツジ牧場で働く。 帰国後、ひきこもり青少年の自立支援センターに勤務しながら、早稲田大学大学院人間科学研究科にて聴講生として認知行動療法を学ぶほか、SST、アサーショントレーニングを独学で学ぶ。 2003年、Only One Crewを設立。
Only One Crew
神戸 和佳子さん
【論理的思考】
(ごうど・わかこ) 哲学講師 哲学カウンセラー 哲学対話ファシリテーター 中学校・高等学校での対話的な哲学の授業を中心に、親子哲学教室、哲学カフェ、問いや悩みを掘り下げる哲学カウンセリングなど、「深く考え、共に語り合うことで、人生を豊かにする活動」を行っている。 毎日小学生新聞にて、4人の哲学者たちと共に、読者からの問いに応答する「てつがくカフェ」を連載中。 現在、東洋大学京北中学高等学校 非常勤講師。東京大学大学院教育学研究科博士課程院生。
著書(amazon)マナビラボ
郡山 かおり
キャリアコンサルタント

(こおりやまかおり) 大学で建築を学びハウスメーカーにてエクステリア・インテリアを担当。日々触れるカラフルなデザインに惹かれ、色彩心理を学び始める。同時に子育てと自身のキャリアに葛藤し、ガムシャラに仕事に取組み、リウマチや突発性難聴になり体調を崩す。その中で自分らしい生き方とは?自分らしい働き方とは?との疑問からアドラー心理学・キャリアコンサルを知る。自身の経験を通じ、子育てや自己実現のキャリアに迷い悩む女性を中心に講座やカウンセリングを行っている。

SIESTA
岡田 太陽さん
【BASIC ph】【Points of you】
(おかだたいよう) 岐阜県出身。品川区教育相談センター、宮城県教育委員会緊急派遣スクールカウンセラー、トラウマケア専門の私設カウンセリングルームでの勤務を経て、2018年4月に開業。カウンセリングルームCircle of Life代表。それらの傍ら 2012 年秋より、NPO 法人ジャパンハートと日本EMDR 学会人道支援プログラムの共同事業として宮城県気仙沼市の幼稚園・保育園の巡回相談を行う(2018年3月事業終結)。2016年に東日本大震災後イスラエルよりもたらされたBASIC Ph(ベーシック・ピーエイチ)の知見を広めるための団体「BASIC Ph JAPAN」を設立。副代表を務める。2017年6月よりJISP(日本イスラエイド・サポート・プログラム)の事業として、熊本での心のケア活動に携わる。専門はトラウマ回復支援と教育臨床。各種団体と協働し各地でワークショップや講演会などを行っている。
soarnico