【カテゴリー1】リカバリーの旅を歩む

現在のメンタルヘルスの大きな潮流である【リカバリー】について理解を深めていくことによって、疾患や障害を抱えつつも豊かに生きることを目指します。

「リカバリーは旅(過程)であり、生き方であり、構えであり、日々の挑戦の仕方です。平坦な一本調子の直線的な旅(過程)ではありません。ときに道は不安定となり、つまずき、旅の途中で止まってしまうこともあります。けれど、気を取り直してもう一度はじめることもできるのです。この旅で必要とされるのは、障がいへの挑戦を体験することです。障がいによる制限の中、あるいはそれを超えて、健全さと意思という新しく貴重な感覚を再構築することなのです。リカバリーの旅で求めている事は、地域の中でふつうに暮らし、働き、愛し、そこで自分が重要な貢献をすることなのです」。(Deegan,1996)

 

リカバリーストーリーに ふれる

ピアスタッフの一番大切な役割である、「適切に経験を届ける」。その根幹となるリカバリーストーリーへの理解を深めていきます。

講師:
佐々木理恵
(すぺぃろピアスタッフ/WRAPファシリテーター)

リカバリーを考える(こころの元気+)

『こころの元気+』をガイドブックとして、リカバリーについてともに話し合い、学びを深めていく講座です。

講師:
佐々木理恵 氏(すぺぃろピアスタッフ)