Monthly Archives: 10月 2017

【ご見学 ありがとうございました(^-^)】

Category : facebook

【ご見学 ありがとうございました(^-^)】

リカバリーカレッジたちかわ 事務局の佐々木です。
この週末は岡山と名古屋からのご見学があり賑やかでした☆

岡山の青井様は金曜日中から来てくださり
→弊法人の就労移行支援事業所「こみっと」ご見学
http://parquet.jp/commit/)
→弊法人の生活訓練事業所「すぺぃろ」ご見学
→夜にはRCたちかわの運営ミーティングにご参加
→翌日土曜はRCたちかわの講座にご参加
→RCたちかわの事業説明や質疑などなど

名古屋の中山様と仲間たちの皆様は
なんと朝6時台(‼︎)の新幹線で日帰りで来てくださり
→土曜の午前中のRCたちかわの講座にご参加
→夕方17時までみっちり事業説明や英国事情、質疑などなど

小松学長、山本、佐々木でご対応させて頂きました。
今年は各地でリカバリーカレッジのご紹介をさせて頂く機会を頂き、お世話になりました皆様本当にありがとうございます(^-^)

お陰様で遠方からのご見学もたえることなく、各地にリカバリーカレッジの種が蒔かれています。今後、うちでもやりたい!という仲間を私達も増やしたいです。いつかそんな皆さんと力やお金を協力しあって英国よりリカバリーカレッジの方をお招きしたいですね☆

そして少しずつアナウンスをさせて頂きたく思っていますがリカバリーカレッジたちかわでは今後のご見学に際しまして、ご見学費を頂戴する方向で考えています。

この半年間程、運営委員会でもしばしば話題にのぼり運営費の圧倒的な不足やどんな風にご見学対応や、広くこの活動を知って頂けたらいいか?と運営委員さんと一緒に考えてきました。ひとまずは年明け1月よりご見学費を頂き、対応させて頂く予定です。ご見学に関する変更などはまたおいおいアナウンスをさせて頂きますのでどうぞよろしくお願いいたします☆


【たすき掛けプロジェクト】

Category : facebook

【たすき掛けプロジェクト】
 みなさまこんばんは。リカバリーカレッジたちかわ事務局の松田です。本日午前中に開催された「たすき掛けプロジェクト」についてご報告いたします。
 たすき掛けプロジェクトは「ピアサポートに興味があり、ピアサポートになりたい」を実現させるもので、その育成や雇用・ボランティアとしての活躍の場を提供するプロジェクトです。「一般社団法人スターアドバンス」「NPO法人ヒーライトねっと」「NPO法人SIEN」の3法人が協同して取り組んでおり、本日はその3法人のスタッフでもある金子理恵さん(多機能型自立訓練事業所コン)、池田佳織さん(アクティビティサポートセンターゆい)、鎌田康司さん(生活訓練センターそう)に講座進行をお願いいただきました。
 講座のはじめにそれぞれの法人の事業内容などについてご説明いただきましたが、リカバリーカレッジたちかわ専門課程すぺぃろと同じく生活訓練も実践しているとのことです。そしてそこのピアサポーターの皆さんが「利用者としての自分」と「ピアサポーターとしての自分」で、どちらか分からなくなるという葛藤を回避するために、3法人が協力することで、自分が利用していた事業所とは別の事業所でピアサポートの活動を行うシステムにしたことから「たすきがけ」の名称が生まれたとのことでした。
 その後は現在各事業所でピアサポーターとしてご活躍されているお2人よりリカバリーストーリーを語っていただきました。人生の苦悩に向き合いながらも、良い支援者や当事者の方々と出会い、どのようにしてピアサポーターを目指し、今どのような思いで活動しているのかをお聴きしました。
 警戒心や緊張や不安が強い方々に対して、また支援会議や職員会議の場面においても、実体験をお伝えすることができるピアサポーターの存在がとても大切とのことです。また、眠れないときなどの辛いときに一緒に悩んでくれる方として、ピアサポーターは本当に適任とのことでした。さらにそのような利用者さんのサポートの他にも、介護福祉士などの国家資格取得を目指したり、事務手続きの補助なども行っているそうです。
 そして「雇用しただけで終わりではない」とのことで、たすき掛けは「通過地点」であり、正社員に近いかたちで働けるよう、さらにステップアップすることを最終的な目標としているとのことでした。このプロジェクトをきっかけにピアサポーターの育成や雇用の実践の場がもっと広まってほしい、と思いました。そして社会で活躍できるピアの方々がもっと増える世の中になってほしい、と思いました。
【リカバリーカレッジたちかわ事務局 松田】


【ドラムサークルで弾けました☆】

Category : facebook

【ドラムサークルで弾けました☆】

こんばんは。リカバリーカレッジたちかわ事務局の石井です。
今日は先に午後に行いましたドラムサークルから先にご紹介させていただきます。
立川を飛び出して、お隣の駅の国立にありますAIスタジオで開催しました。
講師は長坂希望さんと竹沢香さんのおふたりです。

開始前の時間、いつもと違う会場でバタバタとしている事務局とは対照的に、講師のおふたりも学生の皆さんもマイペースに楽器に触れたり会話を楽しんだりされていました。
なんてったって、会場には講師のおふたりが用意してくださった打楽器がこんなにたーくさんあったのです。
大きな太鼓からカスタネットや鈴などなど。スタジオに設置されていたピアノを弾く方もいらっしゃいました。
楽器が奏でる音で会話する、いつもとはちょっと違うお顔を見せていただきました。

そんな自由な雰囲気で始まったドラムサークルとは、参加者全員が輪になって打楽器を使い、即興的に音楽をつくる活動です。
せーの!でみんなで楽器の前に向かい、リズムを奏でます。
途中からは私もみなさんのセッションに参加させていただきました。
リズム感や音感に自信がなく、自分が音楽をつくりだす一員になることに一抹の不安を抱きながらドラムの前に座ったのですが…た、たのしい!!なにこれ!!
みなさんが奏でる音楽に自分が包まれる感じや呼応しあう喜び、目が合った方と音を合わせていく楽しさ。
気が付けば自分の苦手意識など吹っ飛んで、音を楽しんでいる自分がおりました。

講師の長坂さんいわく、これが「普段言葉で隠しているものの非言語での会話」なのだそうです。
講座を終えてみて、このお言葉を振り返ると、確かになにか出し切った感やスッキリ感、悩んでいたことが飛んでいったような爽快な感じがしています。気持ちよかったです。
講師の長坂さん、竹沢さん、学生の皆さん、心地よい時間をどうもありがとうございました!

【事務局 石井まい子】


【悪ノリ!?運営委員会】

Category : facebook

【悪ノリ!?運営委員会】

本日は岡山からご見学の青井さんをお迎えしたにも関わらず、いきなり「見学者からはしっかりお金をとってだな…」という話題からスタートした、リカバリーカレッジたちかわ運営委員会例会(笑)。まあこんな感じのオープンな場なので続けられている気もしますが、それを事務局が言っちゃダメですね。。。

さて、お陰様でリカバリーカレッジたちかわも3年目を迎え、少しずつ形になってきているのでしょう。昨年のイギリスのカレッジ視察の影響もあり、ご見学のご希望を頂くことが増えてきています。そして各地でリカバリーカレッジという「支援でも治療でもない、ともに学びあう場」が注目されつつある、そんな機運を感じるようになってきました。

4歳の娘は生まれた時からスマホがあり、「動画見た〜い」と自然と画面をスワイプしたりしています。リカバリーカレッジも、これから「自然に地域にあるもの」となり、豊かな暮らしを歩むための普通の選択肢になっていけたら、その時には本当に素敵な社会になっているだろうなぁと感じた今日の会議でした。

小松学長によると、「今が正念場」とのことなので、油断せずさらに気を引き締めてコトコトやって行かないとですね、学長!

【事務局 山本俊爾】


【今週土曜 ドラムサークル 一緒にやりませんか?】

Category : facebook

【今週土曜 ドラムサークル 一緒にやりませんか?】
リカバリーカレッジたちかわ 事務局の佐々木です。
 
もう来週には11月になるのですね。事務局では現在来年1月~3月の冬期講座の準備にはいっておりカレッジの取り組みをはじめてからというものの、今まで以上に月日が流れるのが早いなぁ・・・と感じています。
 
さて今週末の午後は立川駅のひとつ隣の国立駅の駅近くに借りた音楽スタジオでドラムサークルをやります☆
 
前回とても盛り上がったドラムサークル。
また未体験の方は是非如何でしょうか?(^▽^)
 
講座ご予約はこちらら
https://coubic.com/recoverycollege/126718
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 リカバリーカレッジたちかわ 事務局
【電話】042-525-7579
【メール】tachikawa@recoverycollege.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー