Monthly Archives: 3月 2017

【次期 春期講座のスケジュール OPEN !!】

Category : facebook

【次期 春期講座のスケジュール OPEN !!】
リカバリーカレッジ事務局の佐々木です。
3月も今日で終わりで、明日から4月。春ですね~。
 
そして先日冬期講座が終了したばかりのリカバリーカレッジたちかわですが次期は5月から始まる春期講座です。
 
申込開始は「4月10日~」を予定しておりますがひとまず先にスケジュールの確認をしたい!という声がとても多いので、本日スケジュールを公開させて頂きます。
 
ぜひご予定調整の上、また皆さまと春期講座でお会いできますこと楽しみにしております。 
 
◆注意事項
春期講座より、土曜午後の開始時間が以下の通り変更となります。
旧)13:00~ → 新)13:30~
お間違えのないようにご注意ください。
 
◆申込開始日について
春期講座の申込は前期同様「Coubic」という申込サイトを使っておこないます。またインターネットが得意ではないという方はお電話やFAXでも引き続きお受けいたしますが、どの方法でも受付は4月10日からとなりますのでご注意ください。
 
※4月10日より前にご連絡を頂いても講座のご予約は出来ません。 
 
また順次情報などUPしていきますのでどうぞよろしくお願いいたhします☆
——————————————————————-
■2017年5月14日(日) 
 英国リカバリーカレッジ視察報告会を行います☆
 お申込は以下からどうぞ!
 ※お申込みはこちらから→http://bit.ly/2lktlJ1 
 ※詳細はこちらから→http://bit.ly/2nQ5ZZo


【統合失調症学会@鳥取の報告】

Category : facebook

【統合失調症学会@鳥取の報告】
リカバリーカレッジたちかわ 事務局の佐々木です。
 
この週末寒かったですね。
佐々木は金曜、土曜と鳥取・米子で行われた第12回統合失調症学会に行って来ました。(こちら→http://jssr12.umin.ne.jp/)
 
2日目のシンポジウム5で一緒にイギリス視察に行った、東京大学の金原さん・宮本さんと一緒に「未来に向けた精神医療・リカバリーに向けた取り組みの紹介」と題して「英国におけるリカバリー概念・全ての過程で当事者と専門職者のCo-production を実践する英国リカバリーカレッジの紹介」をさせて頂きました。
 
このシンポジウムでは前にリカバリーカレッジたちかわの運営会議にも遊びに来てくれた山口創生さんや佐藤由美子さん達のSDMの発表もありました。ほかには横浜市大の中村さんがIMRを発表されていて、合計3つの発表。
 
座長の笠井先生や平安先生に見守られつつも大変緊張しましたが、会場からの質問や関心を持って頂けた方からお声かけを頂いたりして、なんとか終える事ができてホッとしています。会場に来て下さった皆様本当にありがとうございました。 
 
リカバリーカレッジのテストランの時期からカウントすると来月4月でこの取り組みを初めて3年目に入ります。始めた当初はこんな風になるとは想像もつかず目の前の事をするだけで精一杯でしたが、いまこうして「リカバリー」を概念の理解に留めるだけではなくて実践・実感を伴う形で我々運営側が自分自身の中に浸透させられていることや本当の意味でのCo-productionにチャレンジできてること、そして何より関わって下さってる皆様に感謝でいっぱいです。 
 
とはいえ3年目を迎える今でもまだまだ前の前の事で日々精一杯。けれどこれからも「地域の選択肢を増やすこと」「一人の人として大切にし合える関係」「誰もに学べる機会があること」そしてなにより「リカバリーを信じること」に運営一同チャレンジしていけたらと思っています。
 
リカバリーカレッジたちかわでは見学も歓迎ですので関心ある方は是非お問合せ下さいね(^0^) なお、5月には昨年行って来ました英国視察報告会も実施します。
 
どうぞ今後共リカバリーカレッジたちかわの応援をよろしくお願い致します(^0^)

————————————————————-
■5月14日 英国視察報告会の申し込みは以下からどうぞ!
 ※お申込みはこちらから→http://bit.ly/2lktlJ1 
 ※詳細はこちらから→http://bit.ly/2nQ5ZZo

 

d1d4d7fdecaf73198e8c


【修了式特典映像です】

Category : facebook

【修了式特典映像です】
小松学長の熱い祝辞をご覧ください!
[リカバリーカレッジたちかわ事務局 小川亮]


【3/25(土):修了式】

Category : facebook

【3/25(土):修了式】
みなさんこんにちは。リカバリーカレッジたちかわ事務局の小川亮です。いよいよ本日は、冬期講座修了式。14名の学生のみなさんに加え、ゲストにパステルシャインアート講師の田畑智恵さん(←会場の一角では、学生のみなさんのパステル画を集めた彩り豊かなミニ展覧会(!)も催されました)をお迎えし、小松学長&事務局メンバーといった面々で、節目の日を迎えました。

本日のメインは、オリジナルの修了証書作成&学長からの授与式。だれもに広く開かれた、リカバリーカレッジという場。日々それぞれ十人十色の「学び」が生まれるだけに、ひとりひとり異なる「自分が学んだこと」を書き込める修了証をつくります。

まずはそのために、冬期の学びを「思い出す」時間。自己紹介で印象的だった講座について話し合ったり、スライドで写真を眺めながら、記憶に残ったシーンを共有したり。そうして、カレッジで体験した時間や、気持ちや感覚、知識やスキルをふたたび想いおこしながら、証書の作成へ。

続いては学んだ成果を「祝い合う」ひととき。「威風堂々」が流れるなか、衣装替え(!)後の学長からひとりひと手渡し。3ヶ月間学んだ成果を称え合います。

そうして後半は「分かち合う」時間へ。午後のひととき、春らしく柔らかな色彩のパステル画を背に、お菓子や飲み物を囲んで、それぞれの修了証書をみせあったり、カレッジでの経験を語り合ったり。

最後に小松学長入魂の祝辞が述べられた後、一面に並んだひとりひとりの修了証書をバックに記念撮影をして、おひらきとなりました。全体として、学びを振り返り、それを共有し合うことで、また新しい豊かな学びにつながっていくような希望を抱かせる、しめくくりの一日となりました。

学生のみなさんと「ともにつくっていく」ことを目指して、本格開講後の2期目を終えたリカバリーカレッジ。今期はこれまでにもまして、たくさんのご意見・ご要望、いろんなお声をみなさんが届けてくださって、とても嬉しく感じております。ありがとうございます!

これからも、だれもに開かれた、学びたいことを学ぶ場を、みなさんと一緒につくりだしていけたら、と、楽しみにしております。そのために、「こんな講座がほしい」というご希望はもちろん、「カレッジをつくっていくために、わたしの得意なことをいかしたい」といった、お力お貸しいただけるみなさんからのお申し出も、お待ちしております。5月開始予定の春期講座を含め、リカバリーカレッジたちかわを今後ともどうぞよろしくお願いたします。

【リカバリーカレッジたちかわ事務局
小川亮(まこと)】

e871fcdfa9740a12fdb5


【サポートあれこれ 計画相談編】

Category : facebook

【サポートあれこれ 計画相談編】
 
皆さんこんにちは。事務局の山本です。
昨夜のリカバリーカレッジたちかわは、「サポートあれこれ」。青梅を中心にご活躍中のベテランPSWの中住さんをお招きして、計画相談に関して学びを深めました。

前半は講義。中住さんが日ごろ感じておられる制度上の矛盾ややりたいのにやれないこと、報酬の安さも含めてかなりオープンにこの制度について解説をいただきました。後半はワークショップとして、実際に事例をもとにサービス等利用計画を作ってみることを2グループに分けて行いました。

中住さんのマイルドな語り口と深みのある声。人生経験やワーカーとしての年輪を感じさせられる(それでも軽快な)お話は、少し難しいこの制度についても、スーッと入ってくる感じがしました。ステキな対人職の方は声が良いんですよね~☆

後半のワークもとても盛り上がったのですが、グループ発表の動画もアップしたので見て頂けると嬉しいです。

ちなみに山本は東京都のサビ管研修に関わらせていただいているのですが、そこでも事例から個別支援計画を立てるワークを行っています。その中で「支援職がご本人さんのニーズからではなく、自分の知っているサービスから考え、それをご本人さんに当てはめようとしてしまう」パターンを見かけることが本当に多いと感じていました。それはもはや「専門職病」の一つかも知れないのですが、当事者の方も含めいろいろな方が参加しているリカバリーカレッジたちかわでも、なんとこのワークをやると「サービスから当てはめてしまう」ことが発生したのです!

これはもしかして人間がハマりやすい構造的な問題かもしれないよね~と、終了後、鈴木代表と話をしていろいろ考えさせられたサポートあれこれでした。

【事務局 山本俊爾】

30656455e699d306831f