テキストや論文の中でなく、地域の中で「経験出来る場」として、リカバリーカレッジたちかわも根付き続けたいです。